講師してます。お気軽にお問合せください。

株と為替の先生 Trader.kのトレードブログ

株、為替の先生兼専業トレーダーです。

株、為替の先生兼専業トレーダーです。 トレード歴10年目常勝トレーダー 一目均衡表、フィボナッチ、マルチタイムフレーム、複数通貨相関分析。 講師してます(^^)スカイプで講師もしており、生徒さんも全国におります。常勝トレーダーになりみなさん卒業しております(^^) 生徒希望の方等、必ず勝ち組に導きます。お気軽にお問合せください(^^) ブログでは主に手法、分析をアップしていきます。 よろしくお願いします。 質問もお気軽にどうぞ (^^) Twitter、YouTubeの動画配信もしております、ご参考なまでに(^^)

2017年6月25日今後のドル円相場マルチタイムフレーム分析 一目均衡表&フィボ

こんにちは(^^)Trader.kです。

一週間お疲れ様でした(^▽^)/
先週は上昇にはずみをつけそうな気配もありましたが、
日足ラインが意識され週足の前回雲ラインの
重要ラインに収束しましたねー。
今月最後の週となり、収束気配も高まりますが
収束から大相場期待します。
月曜日からまた頑張っていきましょう(^▽^)/

↓分析です(^▽^)/
先週週明けもフラクタルからもみ合い相場から始まりましたが、
しっかりと1hの中心線からの騰落を繰り返した後上抜けてきました。
週の前半で上昇トレンド継続となりましたが、
日足雲ライン、8h遅行スパン雲ラインがレジスタンスラインとなり、
週の半ばにかけてトレンドの収束
後半は雲を中心に騰落のもみ合いから収束という週となりました。
週足の転換線、月足の雲ラインのレジスタンスラインが
機能し戻されているという展開となっております。
予測通り上昇の週となりましたが、しっかりと
マルチタイムフレームのレジスタンスラインが機能する週となりました。
後半は週足の重要ラインである前回雲ライン付近に収束という
展開です。このラインは重要なラインとなっております。

今後も週足月足ラインに注目ですねー(^▽^)/

↓マルチタイムフレームフィボ位置です。
週足と8hは上昇、下降フィボを出しております。

月足上昇フィボ雲中
23.6%  113.93
38.2%  106.61
50%   100.69
61.8%   94.78

週足下降フィボ雲上
61.8%  115.60
50%   112.42
38.2%  109.25

上昇フィボ
23.6%  114.02
38.2% 111.14
50% 108.82

日足下降フィボ雲下
61.8%  114.64
50%   113.40
38.2%  112.16
23.6%  110.62

8h上昇フィボ雲上
23.6% 112.89
38.2% 111.98
50% 111.25
61.8% 110.51

下降フィボ
61.8%  112.24
50%   111.58
38.2%  110.93
23.6%  110.11

4h上昇フィボ雲上
23.6% 111.07
38.2% 110.64
50% 110.29
61.8% 109.94

1h直近下降フィボ雲中
61.8%  111.46
50%   111.36
38.2%  111.26
23.6%  111.14

 

 

 

 

月足です。
先週の予測で下値支持からの上昇の週と予測しておりましたが、
予測通り雲ラインまでの上昇後、相場水準に戻ってくる展開となりました。
しっかりと雲ラインと相場水準が機能している展開ですね。
今週は上値抵抗からの下降の週と予測しております。
今週は月の後半に入りこのまま騰落を繰り返しなから
収束気配もありますが、
月の始値に戻るという展開も視野にしっかりとレジサポを図り
バイアスなしに短い時間軸から合わせていきます。
レジスタンスラインは直近高値、先行スパン1 基準線、23.6%
サポートラインは転換線、遅行スパン基準線、直近安値、38.2%
で図ります。

週足です。
先週は予測通り上昇の週となりました。
先週、週が変わり転換線が上がってきましたが、
その転換線に沿う形で上昇、転換線がしっかりとレジスタンスラインと
なり下降、週の後半は前回重要ラインである相場水準、前回雲ライン
付近で推移という週となりました。
今週は10-10の対等数値で高値をつける変化日が機能する
展開として上値抵抗からの高値を越えきれずの
下押しと予測しております。
月の後半に入り、収束気配もありますが、
変化日の前後1本も視野にバイアスなしにレジサポを図り
騰落から抜けを狙います。
先の雲のねじれ付近に近づきます。
ねじれ付近は月が変わる位置と重なり、続いておりますもみ合いの
フラクタルの崩れや変化をつける可能性が高くなります。
雲のねじれが中心線として機能すると判断出来ますが、
抜けてトレンド発生か中心線となり直近で騰落を繰り返すのか、
しっかりと短い時間軸から合わせて図っていきます。
P波動の収束、雲のねじれからの抜けで大相場を期待します。
レジスタンスラインは転換線前回高値、50%、基準線
サポートラインは先行スパン2.1、38.2%、半値戻し安値圏、前回安値で
図ります。遅行スパンの位置にも注目したいと思います。

続き、詳細、お問合せは週刊メルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにてより突っ込んだ内容でお答えします。

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/

 

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓

http://www.mag2.com/m/0001678127.html

 

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓

http://www.mag2.com/m/0001678129.html

 

画像はページにアップ中です(^▽^)/
こちら↓

http://trader-k.info/official/2017/06/24/1809/

 

海外FXランキング アフィリス パートナー募集